屋根葺き替えで扱われる屋根材の種類

image005-300x200屋根葺き替えの契約をする前に、必ず使用する屋根材選びをするはずです。

業者からも、それぞれの屋根材の説明があると思いますが、ある程度知っておくと屋根材選びもスムーズです。

屋根材によって耐久性や費用が違うので、それぞれの特徴を知っておきましょう。

・金属屋根
金属屋根は、アルミニウムと亜鉛、シリコンを5:4:1で混ぜ合わせたメッキ鋼板製の屋根です。

寿命も50年以上と長い上に、錆びにくくて安くて軽い屋根で評判です。
トタン屋根よりも錆びにくいのは、耐食性あるアルミニウムと犠牲防食機能がある亜鉛のおかげです。

価格は1㎡が工事費込みで6000円〜8000円ほどなのでお手頃です。
形やカラーバリエーションが豊富なので、デザイン性が高いです。

・スレート屋根
費用が比較的安く新築のときによく使われるのがスレート屋根です。
スレート屋根は、セメントと合成繊維をミックスしたものを成型して4.5mmの厚さにして、表面に塗料を塗った屋根材です。

耐久年数はメンテナンスをした場合が約30年~35年、メンテナンスをしていない場合は約20年です。
塗装については、塗料の種類によって塗替えの時期が変わります。

割れやすいというデメリットもありますが、価格は工事費を合わせて1㎡が5000円程度なのでお手頃です。

カラーバリエーションが豊富なのでデザイン性は高いです。

 

・日本瓦
日本人にとって、一番馴染み深いのが日本瓦ですね。
しかし、最近は日本瓦を選ぶお客さんが減ってきています。
また、施工できる業者が少なくなってきているので、すごく貴重な存在となっています。

強度は強く、寿命は50年以上です。
寿命から見ると、価格は安いのかもしれません。
価格は工事費を合わせて1㎡で8000円〜1万円くらいです。

寿命は長いですが、時々漆喰のチェックが必要です。

・銅板
寿命が長いのが銅板です。
銅板屋根は、銅を使った伝統ある屋根材です。
神社やお寺では、ほとんどが銅板屋根で日本の気候に合っているので、長持ちしますし、年数が経つほど風合いが出てきます。
価格は、工事費を合わせて1㎡で18000円程度なので少し高いのですが、それだけ価値がある屋根材です。
へこみやすいのですが、寿命は60年以上なのでメンテナンス不要という条件を含むと、かなり高い価格ではないのかもしれません。

 

このように、いくつかの屋根材があるので、建物や費用に合う屋根材選びが重要です。ただし選ぶ屋根材によって工事を依頼する業者も変わります。瓦であれば瓦屋さん、金属屋根材であれば板金やさんとなります。どの屋根材を使用するか決めていない方や、屋根材で比較したいという方は、すべての屋根材を取り扱えるリフォーム業者等に相談してみましょう。街の屋根やさんは以前相談してみましたが、金属屋根材だけでなくハイブリッド瓦やアスファルトシングル等も施工できるようなのでお勧めです。ちなみに港北区にある知人宅は、ジンカリウム鋼板の屋根材で施工したようです。

港北区の屋根工事は街の屋根やさん横浜へ