コロニアルとガルバリウム鋼板の比較

新築一番人気のコロニアルとリフォーム一番人気のガルバリウム鋼板

 

新築の屋根材としていま最も人気が高いのが、コロニアルと呼ばれるセメントや粘土などを素材として作られたものです。実に98%のシェアを占めている状況なのですが、人気の理由はまず美しいデザイン性にあります。

美しい化粧スレートで従来の日本瓦にはないヨーロッパの雰囲気を作り出すことができます。しかも価格が安いというのも人気の理由です。屋根材は枚数を多く使用するので、単価が安いというのは大きなポイントとなるわけです。施工もしやすいことから、コロニアルを扱っている業者も多いので、紹介される率も高いようです。

また日本瓦に比べると圧倒的に軽いために、耐震性という点でも高く評価されています。寿命は30年程度なので、2世代にまたがって住む続けるのなら、一度貼り替える必要が出てきます。

これに対して日本瓦は100年はもつと言われているので、長く住み続けるならやはり昔からある伝統的な日本瓦も捨てがたいです。また屋根をリフォームする際に注文が多いのはガルバリウム鋼板です。コロニアルの上からでも施工が可能なのがリフォームで大きな人気となっている理由のようです。耐用年数も長いので、一度リフォームを行えば、しばらく屋根の心配は必要なくなります。